コニシ薬局は、大阪の四條畷にある漢方相談薬局です。漢方薬・自然生薬を取り扱っています。

コニシ薬局

コニシ薬局

店舗外観
〒575-0032
大阪府四條畷市米崎町17-38
072-876-7811
FAX 072-876-7853
営業時間
月・火・水・金 10:00~19:00
木・土 10:00~14:00
定休日
日曜日・祝日

営業日カレンダー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
             
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
… 10:00~20:00
… 10:00~14:00
… 定休日
RSS

アレルギー性結膜炎

カテゴリ : コニシ薬局の出来事
アレルギー性結膜炎とは
アレルギー性結膜炎とは、目の表面に花粉などのアレルゲン(アレルギー反応を引き起こす物質)が付着して、結膜に炎症を起こす病気です。結膜とは、まぶたの裏側と白目の部分を覆っている粘膜のことです。
 
花粉などが原因の、特定の季節にのみ症状があらわれるものを季節性アレルギー性結膜炎といい、一年中症状がみられるものは、通年性アレルギー性結膜炎といいます。
 
原因物質は 花粉、動物の毛、化学薬品などです。
季節性アレルギー性結膜炎 ★花粉 スギ花粉(1月~5月)
                ヒノキ花粉(3月~5月)
                カモガヤ花粉(5月~7月)
                ブタクサ花粉(8月~10月)
通年性アレルギー性結膜炎 ★ハウスダスト
             ★動物の毛
             ★化学薬品 ホルムアルデヒド
                   黄砂
                   PM2.5
 
花粉症の方はそろそろ症状が出始めておられると思います。
花粉症の場合は原因物質がはっきりしているので、まずは原因物質との接触を避ける予防が大切です。(眼鏡をかける・外出後は目の洗浄をするなど)
しかし、それは一時しのぎです。根本治療を考えるなら、免疫を立て直すことが必要になります。
医師から処方される抗アレルギー剤も根本治療とは言えません。
先ずは体を作っている食事を見直し、アレルギー反応を起こす身体の状態を改善していくことが大切です。特には私たちの食事の改善には必須の課題です。体に良くない油を減らし、良いものを摂るようにしましょう。   
そして通年性アレルギー性結膜炎は原因物質との接触を避けることも難しく、根本的な体の立て直しが必要です。上記に書いた食事の改善だけでなく、アレルギーの刺激を受けた時に対応できる解毒、修復ができる体作りが必要だと思います。
身体を立て直し、いつも快適に行動できる身体づくりをしていきましょう。
2018-03-15 12:17:53

ドライアイについて

カテゴリ : コニシ薬局の出来事
ドライアイとは、何らかの原因によって、眼を保護する涙液が不足したり、涙の質の異常が起こることで、眼の表面が乾いてしまう症状の病気です
目の表面を覆う涙は、外側から、「油層(被膜として水分の蒸発を防ぐ)」、「水層(栄養分と水分を含む)」、「ムチン層(角膜表面に直接触れる)」の3層構造になっています。

油層の主成分はまつげの生え際にあるマイボーム腺から分泌されていますが、何らかの原因でマイボーム腺が目詰まりすると、油層の形成が不完全になって水層の蒸発が早まってしまいます。
目が乾くと、表面に細かい傷ができ、傷から菌が入り込んで角膜炎、悪い場合は角膜移植が必要になることがあります。
症状としては一番多いのが「目が乾く」。「疲れる・痛い・充血」など症状も人によって様々です。
原因もスマホ・パソコンの見過ぎ、まばたき不全、コンタクトレンズ、ストレス、加齢、シェーグレン症候群などがあります。
目薬だけで対応していると、良くなっていくことはありません。
涙液の分泌や成分を回復させ、傷んだ角膜の修復を助けることが必要です。マイボーム腺が炎症などで詰まっていかないようなケアも大切です。
原因の一つである、スマホやパソコンに接している時間を減らすことは回復を助けていきますので、心がけて下さいね。
それでもなかなか治らない時は、涙液を作っているのも血液です。血液を元気にして、良い涙液を作れるように体を作っていきましょう。
2018-03-12 11:49:51

春の紫外線は一年の中で一番きつい!

カテゴリ : コニシ薬局の出来事
春の日差しは目の弱い方には負担になりますね。私は今、目の勉強をしています。今回から続けて「目」のお話を書いていきますね。
皆さん、目の血管が身体の中で一番細いって知ってますか?
目を正常に働かせるには「血流」「解毒」「抗酸化」「栄養」が必要で、その中のどれかが足りなくなると、様々な症状が出てきます。
今回は「目の疲れ」をお話しします。
誰でも「目が疲れる!」と感じたことが一度はあると思います。
 
現代社会では目の疲れはスマホやパソコンで目を長時間酷使することが大きな原因の一つです。
スマホやパソコンをよい姿勢で見たり、使用頻度を控えたりすれば、目にそれほど負担がかからないのでしょうが、暗い部屋の中でしかも寝た状態でスマホを使ったり、また、一日長時間スマホを手放さず使用しているため、目にかなりの負担がかかります。
スマホやパソコンの画面を長く見るとまばたきの回数が少なくなります。
まぶたの縁には目を保護する油を出す分泌腺であるマイボーム腺があり、まばたきする際に、このマイボーム腺から目の表面に油の膜が張り、水分の蒸発を防いでくれています。
しかし、まばたき回数が減ると油の膜が破れた状態になり、涙は蒸発して目が乾きやすくなってしまい、ドライアイになってしまいます。
ドライアイのお話は次回に!
また、ブルーライトを多く含むLEDディスプレーの機器が目に影響しているとして調査も行われています。スマホやパソコンを長時間続けて見ないようにしましょう。
 
そのほか近視のひどい人、緊張することが続いた人、疲れがたまった時も目の疲れを訴える人がいます。実際に目を酷使しなくても目の疲れを感じることがあるのは、目が肝臓や腎臓と密接に関係しているからだと漢方では考えます。
私たちの体はそれぞれの臓器・器官が影響しあい、助け合いながら、働いているからです。
まずは疲れた目の状態を改善するのに直接、目の機能回復をすること!
そして、原因となった血流、栄養などを見直していくことが大切ですね。
2018-03-09 17:49:16


前回もたばこの害についてお話ししましたが、たばこには有害物質が山のように含まれています。その中には発がん物質もあり、喫煙は癌の危険因子となっています。下記の表を見ても明らかです。
    胃 大腸 肝臓   肺 乳房
確実  喫煙
ピロリ菌感染
多量飲酒 多量飲酒
肝炎ウィルス感染
喫煙
 
閉経後の
 肥満
ほぼ確実  塩分 喫煙
肥満
運動不足
喫煙
肥満
糖尿病
受動喫煙
職業性
アスベスト
 
可能性あり  穀類 保存肉      喫煙
運動不足
授乳なし
データ不十分  飲酒
 肥満
    運動不足
肥満
飲酒
多量飲酒
閉経前の
肥満
 
食品から発がん物質が検出されたら、大騒ぎになります。
それがたばこなら、騒ぎになっていないのは不思議です。
騒がれてないから、大丈夫ということは合いません。
自分の体は自分で守っていきましょう。
2018-03-03 14:10:58

たばこの害について

カテゴリ : コニシ薬局の出来事
昨日、保健所で大阪国際がんセンターの田淵先生の講演を聞いてきました。
私は小学校や中学校で薬物乱用防止教室を行っていることもあり、そこでたばこの害についても話していますので、今回の講演を聞いてみようと思いました。
たばこの害は、よく言われているのが肺ガンです。これはよく耳にしますね。
それ以外にも、病体のいたるところのガンや慢性疾患(脳卒中、心臓病、糖尿、リウマチ)へのリスクが言われています。
若い方にはまだまだ自分には関係ないと思われる上記のような病気にたばこを吸うことによって30代・40代からかかってしまうこともあります。
そして、たばこは周りの人にも、たくさんの影響を与えていきます。
それが受動喫煙(副流煙を吸うこと)です。
受動喫煙で乳児突然死症候群がたばこの害を受けていない乳児に比べ、4倍になるといわれています。そのほか肺ガンはもちろん、心臓疾患や脳卒中、低出生体重児が増えるとデータが出ています。

高齢の方の死亡のリスクも増えますが、若い方がたばこの恐さをもっと知ってほしいと思います。たばこは合法的に売られていますが、毒物なのです。
自分の体をもっと大切にしてほしいです!
2018-02-27 19:30:18

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
区切り線



一人で悩まないで、まずはご相談だけでも結構です。


小さな症状でも、不安な気持ちだけでもいいんです。家族にも言えないつらさ、話してください。あなたに合ったお薬のご相談、承っております。


メールはこちら


お電話はこちら