一覧に戻る

ドライアイについて

ドライアイとは、何らかの原因によって、眼を保護する涙液が不足したり、涙の質の異常が起こることで、眼の表面が乾いてしまう症状の病気です。
目の表面を覆う涙は、外側から、「油層(被膜として水分の蒸発を防ぐ)」、「水層(栄養分と水分を含む)」、「ムチン層(角膜表面に直接触れる)」の3層構造になっています。

油層の主成分はまつげの生え際にあるマイボーム腺から分泌されていますが、何らかの原因でマイボーム腺が目詰まりすると、油層の形成が不完全になって水層の蒸発が早まってしまいます。
目が乾くと、表面に細かい傷ができ、傷から菌が入り込んで角膜炎、悪い場合は角膜移植が必要になることがあります。
症状としては一番多いのが「目が乾く」。「疲れる・痛い・充血」など症状も人によって様々です。
原因もスマホ・パソコンの見過ぎ、まばたき不全、コンタクトレンズ、ストレス、加齢、シェーグレン症候群などがあります。
目薬だけで対応していると、良くなっていくことはありません。
涙液の分泌や成分を回復させ、傷んだ角膜の修復を助けることが必要です。マイボーム腺が炎症などで詰まっていかないようなケアも大切です。
原因の一つである、スマホやパソコンに接している時間を減らすことは回復を助けていきますので、心がけて下さいね。
それでもなかなか治らない時は、涙液を作っているのも血液です。血液を元気にして、良い涙液を作れるように体を作っていきましょう。