更年期とは、一般的に成熟期から老年期に移る一時期のことで、卵巣機能が低下しはじめ、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減ってくる頃を言います。

更年期がいつ訪れるかは個人によって違いますが、普通は50歳前後で閉経を迎えることから、45歳ぐらいから55歳ぐらいまでの約10年間が更年期にあたると考えられます。

そして、更年期になるとホルモンバランスが乱れ、それによって様々な不定愁訴(不調)が現れやすくなります。これがいわゆる更年期障害です。

 

女性ホルモンというと、排卵を促したり、乳房や子宮を発達させたりするというイメージがあります。しかし、実は女性特有の作用だけではなく、自律神経のバランスを安定させる作用、骨を丈夫にし、コレステロールを下げる作用など、女性の心と体の健康に不可欠な働きもしています。

更年期の症状

  • 頭痛、めまい、不眠、不安感、イライラなど
  • ホットフラッシュ、動悸、寝汗、むくみ、血圧上昇など
  • 吐き気、下痢、便秘、胸やけなど
  • 肩こり、腰痛、関節痛、しびれなど

 

症状は、軽い方から重症の方まで、短期間から何年も続く方と様々です。

当薬局の考え方

西洋医学では、減少してきた女性ホルモンを補充するということをしますが、女性ホルモンが減少し代替えのホルモンに変わっていく事は自然な体の変化です。
体調がさほど悪くない場合には、その女性ホルモンの変化に身体は対応できます。
更年期を何の差しさわりもなく過ごされた方がいるのはそのためです。

更年期にいろいろな不調が出てくるのは、ちょうど生活の変換期が重なったり、精神的・肉体的なストレスが重なったため、ホルモンの変化についていけなくなっているからだと思います。

 

  • ホルモンバランスをゆっくり変化させ、身体の老廃物の排泄を手助けする漢方薬
  • 年々悪くなる血液循環を改善する自然薬、漢方食品
  • 精神的な疲れを改善する漢方薬、漢方食品

 

それぞれを組み合わせ、その方に合った物をお選びします。ぜひ、ご相談ください。